ホーム   »  ウィルス性胃腸炎
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィルス性の胃腸炎は伝染性は強いですが、それほど恐ろしい病気ではありません。
症状としては軽症といえます。

発症したからといって必ずしも受診する必要はありません。

(経験からいうと受診してだされるのは吐き気止めと整腸剤です。
 飲んですぐに楽になるというわけでもなく、やはり時間の経過で収まった感じはあります。
 でも貰いたいくらいにひどかったのだ(´-∀-`;)

 子供の場合は吐き気止めの座薬を使いました。
 使った後はちょっとは楽になったのかな?親としては安心感はありましたね)


発熱、嘔吐、下痢のうち2つの症状があるようなら受診したほうがいいようです。

吐き気がひどく水分が取れない場合も脱水のおそれがありますので受診しましょう。
ひどい場合は点滴になることもあります。


ノロウィルスなどの感染症は伝染力が強いので、
しっかりと消毒を行って感染が広がらないようにしてください→消毒の仕方はこちら

下痢を起こしている場合は体からウィルスを出すためにも薬で止めないほうがいいです。

脱水にならないように水分を取る必要がありますが少しずつ取るようにしてください。
特に吐き気のある場合は一度に水分を取ると再び吐き気を誘発しますので、
10分ごとに一口ずつという感じで与えてください。

嘔吐・下痢・発熱などすべての症状が治まっても半月から1ヶ月の間便からウィルスが出ています。
排泄の後の手洗いや調理の前の手洗いなど念入りに行ってください。


我が家にもノロの嵐が吹き荒れたことがありました→体験談はこちら




スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
体の中から健康に!
Oisix(おいしっくす) サントリーウエルネスオンライン グリコネットショップ ヘスペリジン&コラーゲン LIONオンラインショップ ウェルネスダイレクト
QRコード
QR
プロフィール

miwasan

Author:miwasan
小学生と幼稚園児のママです。

暑いのは苦手で冬が大すきです。
ひんやりするお布団がぬくぬくになってくると幸せなんですよね~(o^―^o)

でも冬には感染症が流行って子供が学校を休む確立も高くてャバィ・・(;-ω-)

小学校の薬剤師さんに冬の感染症対策について習ってきたのでなんとかこの冬を健康に乗り切りましょう!

検索フォーム
加湿も出来る空気清浄機
インフルエンザ対策には加湿が第一! 加湿と同時にウイルスまで除去できれば倍嬉しい♪
おうちで作れる銀イオン水
さまざまな場面で除菌、消臭に使える魔法の水。ご家庭で手軽に作れるから惜しみなく使えます。
ランキングに参加しています
最新コメント

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。