ホーム   »  学校薬剤師とは
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめまして(*・ω・)*_ _))ペコリン
小学生と幼稚園の子供のママです。

夏が苦手な私は冬が大すき♪

キンと冷えた空気。
雪虫の飛ぶ頃になるとうきうきしてしまいます。
まぁ、めったに雪は降らないんですけどね(;^ω^)
冷え冷えのお布団がだんだん温まってきて、うとうとするのが1日の中で一番幸せな一瞬です。

でもそんな私の大好きな冬は感染症の流行る恐ろしい季節でもありますね…。


先日長男の小学校で学校薬剤師の方を招いて冬の感染症に対する講演がありました。

これからの季節に流行ってくるのはインフルエンザノロウィルスなどのウィルス性の胃腸炎。

家庭で出来る対策や病院にかかる目安など、

大事なことをたくさん教えて頂きましたので、
みなさんにもご紹介したいと思います。

1人1人の対策で感染症の流行を食い止めていきましょう。
子供は元気に学校や幼稚園に行っていてもらいたいですものね♪
スポンサーサイト
先日小学校で学校薬剤師のA先生を招いて、冬の感染症に対する講演が行われました。

学校薬剤師って何?保健室の先生のこと?

いえいえ、学校薬剤師とは保健室の先生ではありません。

1人で市内や他の地区のいくつもの小学校を担当されており、
小学校のプールの水質や室内の空気の検査したり、
いろいろ学校の環境について管理してくださっているそうです。

ご本人は隣の市に薬局を経営されているそうで、
薬局の薬剤師さんからのいろいろな意見も聞くことができました。


薬局の薬剤師さんがマスクをしていることについて。

A先生の経営されている薬局では、1年中すべての薬剤師さんがマスクをされているそうです。

薬剤師さんがマスクをされていることに対しお客様に失礼だ、という一部の意見もあるそうです。

薬局には感染症の患者さんがくることがあります。
そこから薬剤師さんがうつってしまったらどうなるでしょう?

その薬剤師から今度は健康なお客さん(目薬を貰いにくる患者さんもいれば付き添いの方もいるわけです)にと、病気が広がっていかないためのマスクなのです。


そして、もうひとつ。
パンデミック対策としての薬局のあり方について。

新型インフルエンザが流行った当時、だいぶ感染症を疑われる患者さんを隔離するようになりましたね。
先生の薬局でもインフルエンザの薬を受け取るときには患者さんは薬局内には入れないそうです。

病人なのにひどい、と思われる方もいらっしゃいますが、
やはり今からそういう対策をとるくらいでないと万が一強毒性のインフルエンザが流行りだした時に対応が取れなくなってしまう、という考えのようです。

患者さん本人だけではなく付き添いも(子供であっても)マスクをすることが大切だそうです。


先だっての新型インフルエンザ騒動(といってもいいかと…)。

私達にとってはなんか過ぎてしまったことのように感じられていましたが、
先生のお話を聞いているうちに、やはりいつ鳥インフルエンザが流行りだしてもおかしくないのだと改めて感じました。




学校薬剤師の先生がもうひとつ特に強調されていたのが、市販薬の服用について。

基本的に薬は飲まなくても大丈夫(なことが多い)という立場にたたれているようで、
ご自分のお子さんもほとんど薬を飲むことはなく、育てあげられたそうです。

インフルエンザに関しても慢性疾患のない限りは受診してタミフルを飲まなくても時間はかかりますが、治ります、とおっしゃってました。

確かに私達の子供の頃は「タミフル」などのインフルエンザの薬というのはまだ開発されてなくて、
飲まなくても治っていたんですよね。
でもやたら風邪のときに筋肉注射をした記憶があるのですが、何の注射だったんでしょう?

10年以上前でしょうか、私がインフルエンザにかかりお医者さんから「新しい薬が出来たので使ってみますか?」と言われたのを覚えています。
一晩で一気に熱が下がってびっくりしました。

それがタミフルだったのかしら?

タミフルをこんなに使うのは日本だけで、
海外ではインフルエンザは1週間休む病気だ、なんてきいたこともありますしね。


もちろん普通の風邪に対しても

市販の風邪薬、特に総合感冒薬の使用は薦められません、とのことでした。

「眠くなる成分が入っている」ということは、薬の成分が脳まで入っているということです。
特に6歳以下の幼児にとっては脳の発達から考えて、使用は薦められない、ということでした。

薬を飲ませるなら病院を受診して医師に処方してもらったものにしてください。


うちも昨日から下の子が咳をしていて飲ませようか迷っていたところです。

まだ病院に行くほどひどくないけど
混んでるし、この時期もっと病気をもらってきそうでなるべくなら行きたくない
このまま放っておいたらひどくなっちゃうのかな?と思うときに
ちょっと使いたい、という気持ちになるんですよね。

でもたいていは2、3日市販の薬を飲ませてもよくならずに、
結局医者にかかることが多いんですけど(;^ω^)

小学生の長男は多少鼻が出ていようが、咳をしていようが、
よっぽどひどくないかぎり、薬も飲ませないし、医者にかかろうとも思わないんですけどね。










カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
体の中から健康に!
Oisix(おいしっくす) サントリーウエルネスオンライン グリコネットショップ ヘスペリジン&コラーゲン LIONオンラインショップ ウェルネスダイレクト
QRコード
QR
プロフィール

miwasan

Author:miwasan
小学生と幼稚園児のママです。

暑いのは苦手で冬が大すきです。
ひんやりするお布団がぬくぬくになってくると幸せなんですよね~(o^―^o)

でも冬には感染症が流行って子供が学校を休む確立も高くてャバィ・・(;-ω-)

小学校の薬剤師さんに冬の感染症対策について習ってきたのでなんとかこの冬を健康に乗り切りましょう!

検索フォーム
加湿も出来る空気清浄機
インフルエンザ対策には加湿が第一! 加湿と同時にウイルスまで除去できれば倍嬉しい♪
おうちで作れる銀イオン水
さまざまな場面で除菌、消臭に使える魔法の水。ご家庭で手軽に作れるから惜しみなく使えます。
ランキングに参加しています
最新コメント

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。