ホーム
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 国立感染症研究所感染症情報センターは7日、全国約5000か所のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、11月26日-12月2日の週は0.31人で、前週の0.22人から6週連続で増えたと発表した。12月中に全国的な流行入りの指標となる1.0人を超える年が多く、厚生労働省では手洗いの徹底など注意を呼び掛けている。

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、佐賀の4.28人が最多で、次いで沖縄(2.21人)、千葉(0.64人)、岐阜(0.62人)、栃木と群馬(共に0.59人)などの順。37都道府県で前週より増えた。

 患者報告数の増加が始まった10月22-28日の週以降に検出されたインフルエンザウイルスは、6割以上がA香港型で、このほかB型が3割弱、インフルエンザ2009が1割弱だった。【高崎慎也】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121207-00000003-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



関連記事
スポンサーサイト
 保育所での感染症対策に関するガイドラインの見直しについて協議している厚生労働省の検討委員会は5日、同省が示した改訂案を大筋で了承した。今年4月に「学校保健安全法施行規則」が一部改正されたのに合わせた記述にして整合性を持たせたほか、現行のガイドラインを策定した2009年8月以降に分かった知見を反映させたり、分かりにくい記述を見直したりした。最終的な改訂版は、月内にも都道府県などに通知される見通しだ。

 今回のガイドライン改訂では、「保育所で問題となる主な感染症」として、▽はしか▽インフルエンザ▽腸管出血性大腸菌感染症▽ノロウイルス感染症▽RSウイルス感染症—を挙げ、その感染経路や症状、予防方法、感染拡大防止策などをそれぞれまとめる。インフルエンザについては、かかった子どもの出席停止期間を、学校保健安全法施行規則の一部改正に合わせて「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過するまで」に変更する。

 さらに、今回の改訂では、出席停止になる日数の数え方を明確に示す。解熱後の日数は、熱が下がった当日は含めず、その次の日から数え始め、インフルエンザの「発症」は、発熱した日とする。

 このほか、予防接種に関する項目を新たに設ける。この中で、子どもたちにとって、定期接種のDPT、不活化ポリオ、BCG、麻しん風しん混合、日本脳炎の各ワクチンが重要なのはもちろんのこと、定期接種の対象でない水痘、おたふくかぜ、B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、インフルエンザ、ロタウイルスなどのワクチンも大切なワクチンだと強調する。【高崎慎也】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121105-00000003-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



関連記事
 乳幼児を中心に、例年12月頃の冬場をピークに流行するRSウイルス感染症の患者が今年は早くも急増している。2歳までに、ほぼ全ての乳幼児が感染するとされる呼吸器感染症だ。しかし、6カ月未満の乳児や基礎疾患を持った子供が感染すると、肺炎や気管支炎など重症化することもある。乳幼児のいる家庭では予防対策をしっかり行うことが大切だ。(平沢裕子)



 ◆命の危険も

 RSウイルスは、毎年冬に流行する「風邪」の原因となる一般的なウイルスの一つ。多くの場合、感染から4、5日後に38〜39度程度の発熱、鼻水、せきなど通常の風邪の症状が出て、1〜2週間で治る。

 しかし、生後6カ月未満の乳児や早産児、慢性肺疾患や先天性心疾患などの基礎疾患を持っている乳幼児では、肺炎や気管支炎などの呼吸器感染症や無呼吸を引き起こすなど重症化しやすく、入院が必要になることも多い。重症化すると、将来的にぜんそくや喘鳴(ぜんめい)(呼吸がヒューヒューすること)の症状が出る可能性が高まるといわれている。

 予防のためのワクチンはなく、感染後の効果的な治療薬もないため、感染したときは対症療法しかない。このため、感染しないよう予防対策をしっかり行うことが大切だ。

 埼玉医科大学総合医療センター・総合周産母子センター新生児科の側島(そばじま)久典教授は「特に、出生後すぐの乳児のRSウイルス感染は生命に危険が及ぶこともある。ハイリスクの子供たちを早期罹患(りかん)から守ることが重要。しかし、乳幼児を持つ保護者の認知度が低く、予防対策への意識も低いのが現状だ」と指摘する。

 0歳から小学校入学前までの幼児が入所する保育施設では、年長の子供の間で流行することで6カ月未満の乳児が感染してしまう危険が高い。「熱が下がった後も、鼻水やせきなどが出ている間はウイルスが排出されている。年長の子供で鼻風邪やせきだけだと保育施設に預けたいと思う保護者は多いが、乳児への感染を防ぐため、症状が出ている間は預け入れを控えた方がいい」と側島教授。

 ◆こまめに消毒を

 予防は、手洗い、うがいが基本。RSウイルスは感染力が強く、ドアノブや手すりなどに付着してから4〜7時間、感染力を持つ。外出後や調理・食事の前、鼻をかんだ後はよく手を洗い、乳幼児が触るものはアルコール綿でこまめに消毒する。風邪をひいている家族はマスクを着用し、唾液や鼻水が部屋中に飛び散らないように気をつけることが大切だ。

 日本保育園保健協議会の遠藤郁夫会長は「3歳未満の子供は何でもなめるし、床をはいずり回って遊ぶ。保育施設では衛生環境に気を配っているが、保護者の理解がないと予防対策は難しい。6カ月未満の乳児がRSウイルスに初感染すると重症化することが多いことを保護者も理解し、感染が広がらないよう協力してほしい」と話している。

 ■乳幼児保護者の6割がどんな病気か分からず

 側島教授と製薬会社のアボットジャパン(東京都港区)が6月、2歳未満の乳幼児を保育所に預けている保護者約1000人を対象にRSウイルス感染症についての調査をしたところ、6割がどんな病気か知らず、2割は名前も聞いたことがないと回答した。

 この保護者たちに「予防ワクチンがない」「効果的な治療薬がない」「6カ月未満では重症化しやすい」などの情報を提供。子供の体調が悪いときに保育所に預けるかどうかの考えを、情報提供の前後で比較した。

 その結果、「症状があるときは預けない」と答えた保護者の割合は、鼻風邪では8%から15%へ、せきでは12%から24%へと、感染が疑われる症状が見られたときには子供を預けるのを控えると回答した保護者が増加。感染拡大予防には保護者の正しい理解が必要なことをうかがわせた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121011-00000536-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



関連記事
今、インフルエンザの手軽な予防策として「口腔ケア」が注目されています。


インフルエンザの予防で代表されるものといえばワクチンです。
そして誰でも手軽にできるのが、うがいと手洗い。

それに加えて、最近注目されているのが口腔ケアです。

口腔ケアとは、歯や口の中を清潔にし口の中の細菌を少ない状態を保つことです。

ふだんは口臭予防などのために行われる「歯磨き」や「舌磨き」。
市販の口腔ケアグッズを使うことで十分インフルエンザ予防になるということです。

口腔ケアグッズには舌の表面をなぞり「舌苔」をとるための専用クリーナーや舌ブラシや、
クリーナーにつけて使う歯磨き粉、
歯垢や舌苔の原因となる口内細菌に働きかける成分を配合した洗口薬があって、歯垢や舌苔の付着を防ぎます。


歯磨きや舌磨きなどが難しい人には市販の口臭予防のタブレットをなめることでも効果が期待できます。

口臭のある人はインフルエンザの危険なサインと考えてもいいというほど、口腔ケアは大切なようです。



 
関連記事
今年流行しているA香港型のインフルエンザは乳幼児や高齢者で重症化しやすいといわれています。
とくに乳幼児の脳症による入院が多く見られるということで注意が必要です。

今朝のNHKで脳症の見分け方について放送されてましたので
簡単にまとめてみました。


インフルエンザによる脳症の見分け方・3つのサイン


けいれん

 熱性のけいれんは5分程度でおさまり、おさまった後で意識がもどります。
 対して、15分以上継続したり、けいれんがおさまった後も意識がもどらない場合は脳症が疑われます。


意識障害

 呼びかけても反応しない。
 何かにおびえたりする。


異常行動

 大声で歌いだしたり暴れたりする。



脳症は発症後48時間以内におこることがほとんどです。
この間の見守りが大切になります。

十分に見守りを行うためには、家族の感染を防ぐことが重要です。


家族の感染を防ぐ


感染した子供はなるべく部屋から出ないようにする。
部屋から出るのはトイレなど最小限にし、出るときにはマスクをする。

看病は1人の決まった人にして、感染する可能性がある人をなるべく作らない。

看病する人は部屋を出たら、手洗い、うがいを行い、手を拭いたタオルは共用しない。

鼻をかんだごみが入るゴミ箱はふたつきにする。

部屋は1時間に3回程度換気を行い、湿度は50~60%程度に保つ。


熱性脳症および解熱剤についてはこちらで学校薬剤師さんにお話を伺ってます。






関連記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
体の中から健康に!
Oisix(おいしっくす) サントリーウエルネスオンライン グリコネットショップ ヘスペリジン&コラーゲン LIONオンラインショップ ウェルネスダイレクト
QRコード
QR
プロフィール

miwasan

Author:miwasan
小学生と幼稚園児のママです。

暑いのは苦手で冬が大すきです。
ひんやりするお布団がぬくぬくになってくると幸せなんですよね~(o^―^o)

でも冬には感染症が流行って子供が学校を休む確立も高くてャバィ・・(;-ω-)

小学校の薬剤師さんに冬の感染症対策について習ってきたのでなんとかこの冬を健康に乗り切りましょう!

検索フォーム
加湿も出来る空気清浄機
インフルエンザ対策には加湿が第一! 加湿と同時にウイルスまで除去できれば倍嬉しい♪
おうちで作れる銀イオン水
さまざまな場面で除菌、消臭に使える魔法の水。ご家庭で手軽に作れるから惜しみなく使えます。
ランキングに参加しています
最新コメント

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。